高齢化にマッチした資格

初めにおすすめしたい資格はズバリ医療事務です。医療事務とは病院などの医療機関で窓口業務やカルテットの管理を行う仕事です。物凄い勢いで高齢化が進む現代において、うってつけの資格と言えます。景気に左右されないのも強みです。医療と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、お医者さんやナースさんとは役割が違うため、医療だから難しいということはありません。また、医療事務のイメージが良いため、他の職に就くとしても就活で有利になれます。

国民の健康をサポートする資格

次におすすめなのが調剤薬局業務です。こちらも先ほど同様、高齢化にマッチしている資格といえます。この資格はお医者さんが出した処方箋を見て、正しい薬を処方するのが主な仕事です。かつては病院で薬を出していましたが、最近では病院でもらった処方箋を薬局に持っていくスタイルが増えています。これは病院の混雑解消の役に立っているので、医薬分業はさらに進んでいきます。そんな情勢の中で調剤薬局業務の資格は非常に有効なのです。

大切なお金にまつわる資格

最後におすすめの資格がファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーは家計の収支状況から、どうすれば無駄なく黒字を拡大できるかなどをアドバイスする仕事です。独立して仕事をすることも出来ますが、企業に就職しても活かせる機会が多いです。どんな企業でも収支が存在するため、この資格はどこに行っても使えるといっても過言ではありません。仕事関係だけでなく、自分の生活のライフプランニングにも役立ちます。

基本情報技術者の試験は午前と午後に分かれており、午前は4肢選択式の合計80問の問題が出題されます。対して午後は多肢選択式の13問が出題され、そのうち7問を任意に選び回答します。