信用取引は運用できる取引規模を拡大してくれる

株取引でも、信用取引は危険であると思われています。損失が拡大しやすいというのが、その最大の理由です。しかし、デメリットがあるだけでは取引として成立するはずはなく、信用取引にはデメリットを押してでも行いたいと思うメリットにもあふれています。信用取引を行うために専用の口座へ入金する委託証拠金、その3倍の規模の株式運用が可能であるという点も、その一つです。金融取引では、利益は運用する資金の規模に比例します。つまり、信用取引は大きな利益も見込める取引なのです。

信用売りができる点が、信用取引最大のメリット

委託証拠金を元手に証券会社から資金を借りるのと同様に、株そのものを借りることもできます。その株を売って後に安く買い戻し、その差額分を利益とする取引が一般的に「空売り」と呼ばれる信用売りという手法です。現物取引では買うことしかできないのに対して、信用取引では売ることからも株取引を始めることができるようになり、利益を取るチャンスを拡大させることができるのです。即ち株価の下落局面であろうとも、信用取引であれば利益を生み出すことができるのです。

信用売りを利用して様々なリスクヘッジができる

信用売りは、何も利益を出すことだけに利用されるわけではありません。現物売りや信用売りと併用することで、損失が出る可能性やその額を大きく減らすこともできるのです。例えば、現物買いである銘柄を購入するのと同時に、株価の動きに何らかの関係がある別の銘柄を信用売りすることで、株価が思惑と外れた場合でも損失額を減らすことができます。また、長期的に保有している銘柄の利益を一時的に確定するために信用売りを活用するなど、「売りから取引できる」という性質を用いて、様々なリスクヘッジの方法をとることが可能なのです。

信用取引とは、証券会社に預けている自己の株式やキャッシュを担保として資金を借り、それを元手として株式の売買等を行う取引の形態を言います。一般的にハイリスクハイリターンとなります。