カードローンや消費者金融の金利

カードローンや消費者金融からお金を借りてもなかなか返すことができずにそのまま借金を踏み倒してしまう人もいれば、責任を感じて自殺をしてしまった人もいました。カードローンや消費者金融でそのようなことが起こったのは借りる側にも確かに問題はありました。ですが、そもそも金利が高すぎるという問題もあったのです。現在のところ金利は貸金業者から借りた場合には15パーセントから20パーセントが上限になっていますが、かつては29.2パーセントの金利を取っていたのですから驚きですね。

よく聞く債務整理とは何か

これらの金利をすべて払い終えて完済する人もいましたが、あまりにも金利が高いと言うことで挫折をしてそこから這い上がれない人がいたのも事実です。そこで、改正貸金業法が施行されてからというもの金利の最高は20パーセントになったのです(借りた額によってはそれ以下の場合もあります)。ですが、かつてお金を借りた人の中には29.2パーセントの金利を払っていた人もいましたが、高く支払った分(過払い金)は返済弁護士を使ってできるようになったのです。これは債務整理といいます。

弁護士の選び方について

弁護士を利用することで返済中に過払い金を請求し債務整理をすることで、今まで余分に支払った分を請求できるようになりましたが、全額請求できるとは限りません。多くの場合にはできるだけ訴訟まで発展させたくないという理由から和解をすることになるわけです。訴訟をして長引けば余分に弁護士費用を支払わなければならない訳ですね。ただ、いくら返済されるかは弁護士の腕次第でもあります。ですので、和解が前提であっても弁護士選びは慎重におこなうべきです。

鹿児島の弁護士は、幅広い案件に対応している点が魅力で、様々なシーンにおいて的確な対応を期待することができます。