借金は一度借りると、あちこちから借りてしまうもの

借金は、一度借りると現在の自分の収入で十分返済は可能だと思い込みがちで、あとはとめどなく借りてしまうものです。一定の金額を越えると、借金はどんどんと増え、借金を返すために別のところから借りるという多重債務に陥ってしまうものです。こんな状態になると、利息を返すのも不可能となり、借金を整理しない限り、今後の生活が成り立たなくなってしまいます。返済が滞ると、当然債務者から電話がかかってきたり、督促状が舞い込みます。現在は貸金業規制法によって、借金取りが夜中に家に押しかけて来るというようなことはありませんが、それでも返済の催促の電話があると憂鬱なものです。このような事態に陥ったなら、債務を整理する行動に出る必要があります。

まずは弁護士か司法書士に相談を

多重債務に陥り、返済のめどが立たなくなったら、まずは弁護士か司法書士に相談することをおすすめします。弁護士等に相談した場合、債務整理の方法としていくつかのやり方を提示されます。このときに、安易に自己破産を選ばずに、任意整理や特定調停、民事再生による整理などの方法もあるので、弁護士と話し合って決めるようにしましょう。ここで、債務整理の処理を受任してもらったり、破産手続き開始の申し立てが裁判所に受理されれば、貸金業者からの催促の電話などはなくなります。

各都道府県の弁護士会の法律相談センターに相談を

弁護士に相談するといっても、知り合いに弁護士なんかいないという場合は、各都道府県の弁護士会の法律相談センターに相談するといいでしよう。ここでは、自己破産をはじめ債務整理の相談をすることができます。また、弁護士を紹介してもらうこともできます。弁護士に相談すると高くつくと思う人もいるでしょうが、借金に関する初回相談料は原則として無料です。そして正式に破産の申立をから免責まで依頼した場合、弁護士費用は40~80万円程度で、分割による返済もできるようになっています。

返しきれない程の負債がたまってしまった時には、自己破産という解決策があります。専門家に相談してみると、スムーズに手続きしてもらうことができるでしょう。

個人再生はこちら