カードローンとは何か。

まず始めにカードローンとは個人の信用を元に無担保、保証人無しでお金を借りる事が出来、小分けにして定期的に借りた金額を返していく事が出来るシステムです。これを行っている所は大きく分け消費者金融と銀行、信用金庫等に分かれています。このカードローンですが、消費者金融と銀行で様々な違いがあります。その違いをメリット、デメリットとという形で説明させてもらいます。これを知っていると用途に応じてえらぶ事が出来る為便利です。

消費者金融カードローンの特徴

まずは、消費者金融カードローンの特徴ですが、何と言ってもスピーディーです。銀行の場合は遅い場合審査の段階で何日も待ってしまう可能性があります。急ぎで欲しい時には何かと不便になってしまいます。それに比べると「最短30分」等の売り文句もある為非常に早いです。また、審査も銀行に比べゆるい為比較的通りやすくなっています。また、直接人に会わずに電話対応のみでの受付も行っている所があるので借りやすいと言えます。

銀行カードローンの特徴

銀行は上記にしてある様、審査をしっかりと行います。それに伴い審査が通りにくくなってしまいますが消費者金融よりも金利が安い為多額の金額を長期間借りる際には、とても大きな差が消費者金融との間にうまれてきます。また、銀行からお金を借りる時は消費者金融と違い年収の3分の1以上借りる事ができます。コレは消費者金融と銀行では適用されている法律が違うためです。用途に応じて使い分ける必要性を分かって頂けたでしょうか。

カードローンの比較には、インターネットを活用すれば口コミなどを見ながら自身に見合ったカード会社を探すことができます。