NISAの利点と始める際の注意点

投資家への優遇措置として2014年1月から始まった非課税投資制度、通称NISAは、株取引で得られた利益が非課税になって確定申告の必要も無くなるため、ここ数年で大きく口座数を伸ばしてきました。実際に始めるに当たっては、1人につき1口座しか保有を認められていないため、どの銀行もしくは証券会社で開設するのかをよくよく吟味する必要があります。手数料や他の取引との連動性で考慮することになりますが、どの金融機関においてもNISA口座で信用取引は行えないので、その点はしっかりと覚えておきましょう。

NISAで非課税枠を算出する時に気をつけておくこと

NISAで非課税となる利益を割り出すに当たっては、一定の注意を要します。NISAでは120万円までが非課税と定められていますが、この120万円は株を譲渡した際の売却益の額ではありません。株の購入金額120万円にかかる利益が非課税という扱いです。例えば、120万円で購入した株を1000万円で売却した場合、その利益880万円が全て非課税になるのです。実際これだけの利益が出る銘柄は稀ですが、NISAで売買する銘柄はやはり利益効率が高いものを対象とすべきでしょう。

実際にNISAだとどれだけお得になるの?

具体的にNISAによって、投資家にどれだけのメリットがあるのかを計算してみましょう。120万円である銘柄を購入し、それを150万円で売却したとします。NISAであれば、それによって得られた30万円の利益に対しては非課税になります。一方、NISAによる取引でなかった場合は、投資で得られた利益には20.315%の税金がかかるため、30万円×20.315%=60945円が税金として徴収されることになります。NISAによる投資がどれだけ投資家に恩恵をもたらすが、その一端がわかりますよね。

株式の信用取引の金利をしっかりと確認することで、長期間にわたって安心して投資活動を続けることができ、損失を抑えるうえで大きな役に立ちます。