利益を出すのは売却益で

株式の売却をすることによって利益を出すことを目指すのが株取引です。或いは買い戻すことによる利益もあります。このあたりは難しい判断になります。この時に考えておきたいのが信用取引です。信用取引をすることによって自分の分限以上の利益を得ることができるようになります。これがとても大きなメリットであり、場合によってはとても大きなメリットになるわけです。具体的にいいますとリターンが大きくなることであり、それはメリットといえます。

信用取引で貸し株をすること

貸し株というのがあります。要するに持っている株を貸すことによって金利を得ることができるやり方です。信用取引の代用として使われることが多く、実際、かなりお勧めできるやり方ではあります。但し、貸して欲しいと思っている株の大半はかなり変動が激しい株になります。何故かといいますと安定している株を借りたところでどうしようもないからです。ある意味ではリスキーであるからこそ、貸すだけで金利を貰える、という側面があるのです。

信用取引の怖いところとしては

信用取引は基本的に怖いところがあります。それが自己資金よりもマイナスになってしまうことです。その可能性は常に付き纏うことになりますから、覚悟しておいたほうが良いでしょう。具体的にいいますと暴騰暴落になります。良い方向に進むことになればそれだけで相当にリターンも大きくなりますがそうでないのであれぱマイナスになってしまう可能性があるのです。さすがにこれが怖いところとして挙げることができるでしょう。よく考えて決めることです。

株の信用取引の金利は会社によって異なるので、インターネットから比較して取り引きをする必要があります。